2004年07月20日

39.5度ってなんだー!

<東京猛暑>「水分補給を」と気象庁
都内で最高の39.5度を記録した20日、気象庁のある千代田区大手町では、酷暑から逃げるように木陰に座り込む会社員らの姿が見られた。

今日も暑かったなと思いきや、こんなに気温が上がっていたとは…。
昔に比べて、夏が暑くなってきているなとは思っていましたが、
最高気温だけでなく、7〜9月に30度を超えた推計時間も
2000年に東京357時間(1980年は168時間)と
確実に増えているそうです。
アスファルトばかり、緑が少ないという要因の他に、
海辺に建てられた高層ビル郡が海風を遮っている点も
都市部の気温上昇を促しているとか。

私は割と夏に強いほうだと思うのですが(例年だと食欲がちょっと減るくらい)、
さすがに今年の夏を乗り切れるのか、ちょっと不安になってきました。

ところで、JUGEMのほうが、書き込みができるまで復旧したようなので
次のエントリから戻ることとしましょう。
posted by ゴン太 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(1) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

東京が39.5℃。PCは熱暴走すればよいが…
Excerpt: 朝からエアコンをつけずに、自宅の作業部屋でPCに向かって仕事をしていたが、今日の
Weblog: 巣窟日誌
Tracked: 2004-07-20 22:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。