2004年09月12日

レピシエ100種 テイスティングマラソン: 第10回(全20回)

関東地方は、いいお天気になりました。これぞ秋晴れ、運動会日和でしょうか?
マラソンのほうは、ようやく半分に到達です。わーい!


634 テ・オ・レ(THE AU LAIT)
500円/50g

ミルクをたっぷり入れて楽しみたいときに最適な、まろやかな甘さのある紅茶です。ゴールデンチップスが入って、見た目にも華やか。

水色は濃く、しっかり出ます。ひと口飲むと、酸味を強く感じます。ミルクを入れても、印象は変わらず。入れ方に問題ありかなと思い、2煎目は少しさましたお湯でトライしてみました。が、やはり、レモンのような風味が。名前からすると、ティー・オレ用にという茶葉なのでしょうが、イマイチ疑問。

6点 /10点


650 ポートルイス(PORT LOUIS)
450円/50g

バニラのほのかな甘さと、舌に残る強い渋みが特徴。濃いミルクと合わせることで、渋みが上質な深いコクへと鮮やかに変わります。

香りは甘いですが、そのままストレートで飲むとぐっと渋いです。しかし、ミルクティーにするとさすが。紹介文の”渋みが上質な深いコクへと鮮やかに変わる”は、まさに言い得ています。ただし、バニラものが欲しいときには、500 モーリシャス島・バニラーティーを素直にゲットしたほうがいいのでは。

7点 /10点


662 ピュアアッサム・カルカッタオークション(CALCUTTA AUCTION)
700円/50g

ゴールデンチップスをたくさん含んだ贅沢なアッサムのみのブレンド。コクと甘みが強いので、ロイヤルミルクティーに最適です。

ピュアアッサムだけあってか、土っぽさ全開というか、いろんなものがギュッと濃縮された味がします。そのまま飲むとほんのり渋いのが、ミルクを入れるとこっくりに変わって、いい感じに。そして、お勧めのとおり、ロイヤルミルクティーにすると最強です!これからの季節にピッタリのひとつか。。

8点 /10点


663 ピュアセイロン・エルドラド(ELDORADO)
700円/50g

セイロンを代表する産地、ウバ地方の紅茶のみをブレンド。干し草の香りにも似た、うまみのある香ばしい後味が特徴的です。

”干し草”というキーワードにちょっとビクビクしていたのですが(ルイボスティーを思い出して)、もちろん杞憂でした。ほどよく渋く、香ばしくて、さっぱり。2煎目は水出しにしてみました。香りよく、さっぱりさは水出しでも健在。ミルクで割って飲むと、更にマイルドになって、朝にお勧めです。

8点 /10点


664 ピュアキームン・クィーンズホープ(QUEEN'S HOPE)
700円/50g

世界3大銘茶のひとつである上質なキームンのブレンド。蘭の花にもたとえられる香りが、優雅なひとときを演出します。

ほんのりスモーキー、渋さも軽めですが、そこはやはりキームン。個性的ではありますので、好みは分かれるところでしょうか。ひとさまししたお湯で入れると、スモーキーさは変わらないものの、苦味は幾分和らぎます。甘いおやつと一緒に頂くと、びっくりするほど渋み・苦味が引くのはおもしろいかな。

6点 /10点


予告どおり、半分が空っぽになった箱をパチリ。後半も頑張りますかー。(写真略)
さて、来週はクラシックブレンド2種から、古典のフレーバードティーゾーンへ。アールグレイ三兄弟がお待ちかねです。
posted by ゴン太 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | テイスティングマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。