2004年07月27日

でんこちゃんに怒られる

今年の夏はエアコンをどんなにかけても、30度の壁が切れず
猛暑だねーなんて思っていました。
しかし、エアコンのフィルターを掃除してみると…、明らかに
風の冷たさが変わって、みるみる室温が下がっていくではありませんか。
正直、そんなに効果があるものと思っておらず、ちょっとは
エアコンの効きがマシになるかなくらいの気持ちでやってみたのですが。
今までの無知&電気の無駄遣いぶりを、ちょっと反省です。

エアフィルターの掃除は、2週間に1回程度、行ったほうがいいとのこと。
そこまでこまめにせずとも、ひと月に一度、せめてワンシーズンに一回は
手をかけたほうがいいようです。。お心当たりのあるお方は是非。

ちなみに、でんこちゃんとはコチラ
posted by ゴン太 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月25日

レピシエ100種 テイスティングマラソン: 第04回(全20回)

暑い日が続いておりますが、みなさまお元気でしょうか?JUGEMのほうが相変わらず夏バテ中のため、第4回目もこちらでエントリです(ロボット君にちょっと愛着がわいてきつつあります)。今回は1煎はホットで、1煎は水出しにして飲んでみました。


305 ウバ・ハイランズ(UVA HIGHLANDS BOP)
500円/50g

ウバ地方でも最も名高い名園の紅茶です。ウバらしいキレのいい渋みとサロメチール香がよく出ています。

蒸らし時間2分でも、しっかり濃くでます。スッとするいい香り、適度に渋く後口さっぱり。水出しにすると、スッキリした香りがいっそう引き立ちます。ほんのり甘く、アクセント程度に渋さもあるのが良しです。水出しでおいしいセイロンティー、まずはひとつゲットだぜ(なにゆえポケモン…)です。

8点 /10点


307 モンテクリスト(MONTE CRISTO FBOP)
400円/50g

きれいな銅色の茶葉が印象的で、花を想わせる香りが心地よい紅茶です。コクがあり、ミルクを入れても香りがしっかり味わえます。

これもスッとした香りがします。うまく言えないのですが、いろんなものが凝縮されたような複雑な味がします。(感じたとおりを言葉にすると、”鉄っぽい”味がしたのですが、それだとおいしくなさそうですよね…。)水出しにすると、香りは良いのですが、味は薄め。水と茶葉の割合の問題でしょうか?

7点 /10点


309 ポトツワ(POTHOTUWA FBOPF)
450円/50g

甘さとさわやかさがほどよく調和して、渋みがメリハリを与えています。ミルクを入れるとその渋みが効いてしっかりした味になります。

湯気から甘いいい香りがします。しかし、飲んでみると、意外に渋く、あまりコクがない感じです。ミルクを入れると、渋みはおさまりマイルドにはなりますが、味がぼやけます。ストレートで飲むにはのっぺり、ミルクを入れてもパンチがないということで、どちらにしてもなにか寂しい印象を受けました。

6点 /10点


315 インボールピッティア(IMBOOLPITTIA,BOP)
350円/50g

真紅の水色が美しいしっとりとした紅茶。黒蜜を思わせるどこか懐かしく香ばしい甘みは、ミルクと少量の砂糖を加えると、まるでデザートのような優しさです。渋みが少なくクリームダウンも起こりにくいので、アイスティーにも。

お湯をひと冷ましして入れてみました。濃い水色、甘い香りで確かに香ばしいです。ミルクを入れると、優しい印象にはなりますが…。ミルクティーにするときには、意識して濃い目に入れたほうが良さそうです。水出しにすると、まず甘い香りにほんのり渋い。アイスミルクティーにするとウマーです。

7点 /10点


318 ダイラバ(DYRAABA,BOP1)
450円/50g

セイロン・ウバ地方産紅茶。口当たりがよく、甘い香りは長い余韻を残します。ストレートではもちろん、濃いめに入れてミルクティーにしてもたいへん美味。ふくよかで優しいお茶です。

優しい口当たりで、ストレートで飲んでもおいしいです。優しいですが、ミルクを入れても、不思議と牛乳に負けてなくて、いい感じなのが面白いです。ただし、水出しにすると、渋みだけが前面に出てしまい、そのまま飲むのは厳しく感じました。ホットでさっぱりミルクティーを求める方には、是非。

8点 /10点


私はどうもウバ好きらしいということが分かりました。水出しで一番おいしいと感じたのも、305 ウバ・ハイランズでしたし。
さて、次週(8/1)は1回お休みで、8/8が第5回目となります。5回目のラインナップを見ると、ウバのクォリティものがふたつもあるということで、俄然楽しみです!そのころまでには、この暑さも少しはおさまっててくれると、もっと嬉しいのですが。。
posted by ゴン太 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(2) | テイスティングマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月24日

カメラ・カメラ・カメラ!のはずが…

新しいデジカメを買いました。
赤いおねーさんがCMしているEXILIM ZOOM EX-Z40です。
今日、手元に届いたので、イソイソしながら試し撮りをしようと
カメラの電源を入れると…、レンズの前のフタが開きません!
フタが開かないので、当然画面は暗いまま、何も撮れない状態です。
説明書の「故障かな?と思ったら」のページにも、そんな現象の場合
についての対処法は載っておらず。
お客様相談窓口に電話しても、なにそれ???状態。
結局、要検査ということで、リペアセンタに送ることになりました。
うきうきした気分が一気にシュンとなり、ちょっと切ない感じです。

前のカメラ、サイバーショットDSC-P1でも、充電に関する問題があって
あまり使わないうちに、電源がうまく入らなくなってしまってという
悲しい思い出がありました。カメラ運がないのでしょうか。。
posted by ゴン太 at 22:23| Comment(20) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月23日

レピシエだより 8月号

これがポストに入っていると、なかなか嬉しい気持ちになります。
今月号は、夏摘みダージリン特集。まず、テイスティングカップが
ずらりと並ぶ様に、なにか親近感を覚えました(笑)
クローナル種栽培法の解説(写真付き)に、ふむふむと頷かされます。
小さな苗が日陰に並べて置かれている様子は、妙にかわいいです。
サンプルは191 ダージリン・セカンドフラッシュ2004でした。
頂くのが、かなり楽しみです。

一方、緑碧通信のほうは、工芸茶特集。
花が咲いたように、ふんわり茶葉が開く仕掛けは、手作業で作っていたのですねー。
そんな種類の葉っぱがあるものとばかり思っていたので、びっくりしました。
こちらのサンプルは、LH004 ローズヒップ緑茶。”さわやかに酸っぱいお茶”と
ありますが、さていかに。。
posted by ゴン太 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | tea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月21日

本当は凄く仲良しなのか?(JALとANA)

各航空会社の運賃を調べるたびに思うことがあります。
なぜ、JALとANAのバーゲン型チケットの適用期間は
いつも被っているのでしょうか?

バーゲン型チケットとは、ある特定の期間の運賃をぐっと割引しますという
運賃割引のサービスで、例えば東京−福岡間だと正規運賃33,000円のところが
12,000円になったりします。一旦予約すると変更ができないという点はありますが、
利用しない手はないお得なチケットです。

使う側からすると、両航空会社のバーゲン型チケット適用期間が異なれば、
自分の旅のスケジュールに合わせて、どちらかを選ぶことができるので
とても有り難いのですが。JALとANA、7月〜9月の設定日を見ると
7月8日〜12日、8月2日〜3日、9月9日〜13日、9月22日、9月24日と、
すべてそっくり同じとは…。

1円入札の件もあるし、ちょっとどうなのさーと思ってしまいます。続きを読む
posted by ゴン太 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月20日

39.5度ってなんだー!

<東京猛暑>「水分補給を」と気象庁
都内で最高の39.5度を記録した20日、気象庁のある千代田区大手町では、酷暑から逃げるように木陰に座り込む会社員らの姿が見られた。

今日も暑かったなと思いきや、こんなに気温が上がっていたとは…。
昔に比べて、夏が暑くなってきているなとは思っていましたが、
最高気温だけでなく、7〜9月に30度を超えた推計時間も
2000年に東京357時間(1980年は168時間)と
確実に増えているそうです。
アスファルトばかり、緑が少ないという要因の他に、
海辺に建てられた高層ビル郡が海風を遮っている点も
都市部の気温上昇を促しているとか。

私は割と夏に強いほうだと思うのですが(例年だと食欲がちょっと減るくらい)、
さすがに今年の夏を乗り切れるのか、ちょっと不安になってきました。

ところで、JUGEMのほうが、書き込みができるまで復旧したようなので
次のエントリから戻ることとしましょう。
posted by ゴン太 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(1) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月19日

少年サーフライダー(tetrapletrap F × The Shinno!)

タワーレコード渋谷店をぶらぶらしてたら見つけました!もちろん即買い。
テトラプルトラップFこと川島蹴太氏と、The Shinno! ことシンノカズタカ氏の
コラボレーション・アルバムです。
全9曲の内訳は、2曲がテトラF作詞・作曲&メインボーカル、
3曲がシンノ作詞・作曲&メインボーカル、TM NETWORK“SELF CONTROL”のカバー、
ショートトラックが2つ、ボーナストラックはVector(Radio Edit)。

フリッパーズ好き→テトラ好き→テトラ解散Σ(゚д゚lll)ガーン の
道筋を辿ってきた者にとっては、かなり嬉しい1枚でした。
自分の好みのギターポップ・ゾーンは、結局いくつになっても変わらないようです。

タワーレコードでのお知らせはコチラ
(発売日は7月23日、ただし、タワーレコード新宿店、池袋店、渋谷店の3店舗では、
2週間先行の7月9日からの発売とのことです。)続きを読む
posted by ゴン太 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月18日

レピシエ100種 テイスティングマラソン: 第03回(全20回)

JUGEM不調のため、急遽こちらにてエントリです。今回は、ニルギリ、シッキム、ドアーズ(ここまでインド)、ネパール、ヌワラエリヤ(セイロン)と、各地のお茶シリーズでした。初めて聞く産地のものもあり、どんな味なのか楽しみでした。


254 ダルモナ(DARMONA,BP(CTC))
\450/50g

クリーミーでどっしりとしたアッサムのCTC紅茶に比べると、さっぱりとして軽い味わい、水色も明るめです。短い浸出時間で軽めに淹れてストレートで甘いお菓子といただくと、このお茶の美味しさが引き立ちます。

ほんのり渋く、味はしっかりあります。お勧めにしたがい甘いお菓子(シュークリーム)と一緒に食べると、渋さがいい方向に作用して、紅茶もシュークリームもおいしく頂けました。2煎目、お湯をひと冷ましして入れると、渋みが殆どなくなりまろやかになりました。おやつ無しで飲む場合はこちらで。

8点 /10点


270 シッキム テミ(FTGFOP1 SIKKIM TEMI,FTGFOP1)
\1,150/50g

シッキム唯一の農園、テミから。フレッシュなハーブや花の香り、軽やかな甘さなど、ユニークで多面的な印象は、シッキムの美しい自然の賜物です。ダージリンやネパール茶がお好きな方は、ぜひお試しください。

勝手なイメージですが、おばあちゃんの名前のようなお茶の名前です!それはさておき、飲んでみるとまず、紅茶っぽくない印象を受けました。適度に渋くてさっぱりしています。食事中のお茶としては良さそうな感じです。ジャワティーのような、食べ茶(飲んだことないけど)のような感じでしょうか?

7点 /10点


280 シムルバリ(SIMULBARI,FTGFOP1)
\550/50g

ダージリン東部の麓、ドアーズ地域のシムル農園から。シムルという赤やオレンジ色の花が豊富に柵農園で育まれた上品でシンプルなどこかなつかしい味と香りの可憐なお茶です。砂糖を加えた少し甘めのカップがおすすめ。

”どこかなつかしい味”という感じを私も受けました。昔、家で気取らずに飲んでいた紅茶の味を思い出させるというか…。ダージリンよりまろやか、アッサムよりさっぱりで悪くないです。日々、気軽に飲むお茶としては、いいのではないでしょうか。水色も明るいオレンジで、見た目に華やかなのも◎

8点 /10点


298 ネパール・ファーストフラッシュ2003(NEPAL FIRST FLUSH 2003, SFTGFOP1)
\800/50g

ダージリンのお隣・ネパールの、最近めきめき実力を上げている春摘み茶をブレンドしました。草や花、青い果実の香りが、重なり合って、香ばしく厚みのある味わいとともに、やさしく口の中に広がっていきます。

テイスティングカップのフタを開けると、草っぽい香りがめいっぱい広がります。香ばしくかつ柔らかい風味ですが、やはり青い!”香ばしく厚みのある味わい”を楽しみたかったのですが、ちょっと苦手に感じました。しかし、逆にファーストフラッシュは若々しくあってくれ!というお方にはお勧めかも。

6点 /10点


303 ラバーズリープ・ペコ(LOVER'S LEAP PEKOE)
\450/50g

水色が薄く、ダージリンにも似た味わいです。ダージリンよりもやわらかめの渋みと、若々しい香りが特長です。

微妙に酸味があるように思いました。味はしっかりあります。飲んでいる間は柔らかいのですが、後口は結構渋いです。2煎目、水出しにしてみたのですが、草っぽさが出過ぎてしまいました。ひと口飲んで、以前にも同じ失敗をやらかしたような…とハッとしました(JUGEMにメモしてあるはず…)。

7点 /10点


今回は産地もいろいろで、バラエティーにとんだ5種でした。中でも、254 ダルモナは、ニルギリのCTCが珍しく、キリっとさっぱりしてて夏向きだと思ったので、一番印象に残りました。
さて、次回はセイロン尽くしです。甘いお茶好みの私としては、かなり期待してしまいます。水出しに合うセイロンを探し中なので、そちらも裏テーマとして追求したいと思います。
posted by ゴン太 at 11:10| Comment(6) | TrackBack(3) | テイスティングマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月17日

まずは開設

こんにちは。ゴン太と申します。

このサイトは、gontapyon worldのサテライト・サイトです。
gontapyon worldのほうが、JUGEMのサーバ移行による障害のため
新規記事の登録ができない状態になっております。
そちらが復旧するまで、ただいま開催中のレピシエ100種テイスティングマラソン
のことやらなにやらを、ぼちぼちアップしていきたいと思いますので
よろしくお願いします。

#シンプルなテンプレート…と思って探したはずなのに、ロボットの背中に
 ぐっときて、思わずこのメルヘンなものを選んでしまいました。。
posted by ゴン太 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。